包茎手術における術後の飲酒について

包茎手術の術後はいつから飲酒出来る?

包茎手術に限らずですが、一般的な手術後の飲酒については当日は避けるようにしてください。
血流が良くなり、痛みが強くなってしまうことも想定されますし、麻酔切れの後の痛み止めを飲んでいるのでその薬の副作用の影響も出てしまうからです。

術後は出来るだけ安静にして、包茎手術後のシャワーに関しても当日と翌日はタオルで拭くだけにして3日目から可能になります。
その際は、包帯をつけたままでシャワーをして洗髪や体をあらったあとにゆっくりとはずしていきます。
シャワーでゆっくりと30秒ぐらい優しくあらって、包帯を再び巻きます。

包茎手術は飲酒は当日できませんが、それと同様に喫煙に関しても当日は控えるようにしてください。
詳しい注意事項などは包茎手術を受けるクリニックや泌尿器科で説明がありますし、抜歯についての日程などもそこで説明されます。
大体は8日目以降から可能になりますが、遠方の場合は自分で抜糸するケースもあります。

包茎手術は術後の事も知ってから受けると安心

包茎手術というと、なんとなく未知の世界ですし不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし日本人の6割以上は仮性包茎であると言われていますし、最近では手術も簡単に出来るというイメージも浸透していてテレビコマーシャルで流れていることもあり受けている方も増えています。

事前に術後の注意事項であったり、痛みやダウンタイムについても体験談などでチェック出来ますので、色々と情報収集をしてからのぞめば安心です。
受けて良かったという方が圧倒的に多いですし、仮性包茎であればコンプレックスを解消できるメリットが多いにありますし、真性やカントン包茎の場合は問題を解消出来ますのでまずはカウンセリングから始めていきましょう。

基本的には仮性包茎の場合は保険が適用されませんので、美容系クリニックや専門クリニックで手術を受ける方がほとんどです。
料金の安さだけで選んだりすること無く、トータル的に比較検討をしていくのがお勧めです。

まとめ

包茎で悩んでいても、手術に踏みきるには勇気も必要です。
しかし多くの方は受けて良かったという口コミを寄せていますし、コンプレックスを解消するための手段ですので検討してみる価値はあるでしょう。

保険適用されない仮性包茎の場合は、仕上がりの綺麗になる美容外科や専門クリニックでの手術をお勧めします。

飲酒については当日は出来ませんが、翌日以降であれば問題ありませんし、事前に注意事項などもチェックしておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です