包茎手術における術後の運動について

包茎手術の術後にいつから運動できるのかという悩みが多い

包茎手術を希望している人の中には、いつから運動できるのかなどのように運動制限について気にする人は多いものです。
特にクラブチームなのに所属している場合には、レギュラーなので出来る限り練習を休みたくない、いつから練習に復帰できるのかなどの質問をするケースが多く見られます。
一般的に包茎手術の術後は2週間ぐらいの間は長時間走ったりした場合には腫れが出やすくなってしまうため、サッカーや野球、陸上などといった激しく走るスポーツの場合には、2週間程度は抑えておいた方が良いでしょう。
一般的に性器は心臓よりも下についていることから、包茎手術の術後しばらくの間は長時間立っていたり歩く、走るなどの行動は、重力の影響もあって、術後手術部位が腫れやすくなります。
立った状態で行わないような運動、ベンチプレスや腹筋運動などの場合には、包茎手術の術後一週間ほど経過すれば無理をしない程度に少しずつ始めることが可能です。

激しい運動は血流が良くなり手術部位が腫れることがある

包茎手術の術後にあまり激しく運動した場合には、全身の血流が良くなります。
これにより手術部位が腫れてくることがある為、自分の体と上手に相談しながら、決して無理をしない範囲で運動を始めることが望ましいです。
特に手術直後に運動をすぐに行ってしまうと傷口が裂けてしまい、そこから出血するなどして、仕上がりに悪い影響を及ぼす可能性も考えられます。
長時間走るスポーツは、手術後2週間程度が経過すれば少しずつ始めることができますが、激しく運動をした場合には血流が良くなって、手術部位が腫れる、もしくは下着の中で傷跡が擦れて痛みが出ることもあるため、無理をしない範囲内で運動を行います。
無理をして行なった場合には、余計に経過が長引いてしまう可能性もあるため、早く治すためにもまずは安静にすることが望ましいです。
包茎手術の術後4週間が経過すれば、傷跡も腫れも落ち着いてくるため、それまで通りの運動や激しい運動をしても問題はありません。

まとめ

部活やクラブチームなどに所属している男性、特に男子学生の場合には、早くクラブの練習に復帰したいという人が多いことでしょう。
しかし早く復帰したいからと言って無理をすると、傷口が裂けて仕上がりに悪影響を及ぼす可能性もあり、さらに復帰を延ばしてしまう可能性も考えられます。
早く練習したいという思いが強く焦ってしまうかもしれませんが、一生のうちの一時のことだと考えて、まずは安静を心がけることを努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です