包茎手術における術後の性行為・自慰行為について

包茎手術の術後の性行為や自慰行為について

男性は性的刺激があったり、ストレスや疲れを感じるとオナニーをしたくなる衝動に駆られることがあります。
また性欲の強い男性であると、性衝動を抑えることが難しくセックスしたい気持ちが強くなる人も珍しくありません。
しかしながら包茎手術の術後は、こうした性行為や自慰行為は避けないといけないのです。
それは縫合した糸が、切れてしまうことが可能性として高いためです。
糸が切れてしまうと型崩れを起こしてしまい、希望通りの理想的な形にすることが難しくなってしまうんです。
そして性行為のセックスでは、感染症のリスクも高まります。
エイズウイルスや淋病、梅毒にクラミジアなどのリスクが高まります。
セックスでは自分自身の問題ではなく、女性パートナーの膣や性器の問題が、包茎手術の術後のペニスに大きな悪影響をもたらします。
特に風俗などでサービスを受けることは危険をはらんでいるのでやめた方がよいでしょう。
自慰行為をする前に、眠ってしまうという努力をしばらくすることが大事です。

万が一包茎手術の術後性行為をして問題が有ったら

性衝動を抑えられず、包茎手術後にすぐに性行為や自慰行為をしてしまう人も中にはいます。
こうしたことで縫合の糸が切れてしまった、セックス痛や出血が起こってしまうということも珍しくありません。
こうした場合には、迷わずに医療機関を訪れ応急処置してもらうようにしましょう。
痛み止めの処方や、包茎手術の応急処置を行ってくれます。
セックスで出血があったり、痛みがみられる場合には、感染症の疑いもあります。
念のためクラミジアやエイズウィルス検査を受けることも大事です。
包茎手術の術後は、セックスやオナニーに関わらず、激しい運動も控えなければいけません。
激しい振動で、縫合した糸が切れたりペニスの形が崩れてしまうことが考えられるからです。
入浴も熱い温度の湯舟にはつからず、できればペニスに刺激の少ないぬるま湯でしばらくはシャワーで清潔を心得ることも大事です。
包茎手術後は、油断せず安静を心掛け清潔に保つことが大事です。

まとめ

包茎手術の術後、セックスやオナニーなどの性行為はどうすべきか困惑する人がいます。
こうした性行為は縫合の糸が切れたり、クラミジアやエイズウイルス、淋病に梅毒などの感染リスクも高いので控えるべきだと言えます。
包茎手術術後は、できるだけ安静を心得て激しい運土も控え、入浴もぬるま湯のシャワーで刺激を与えないことが何よりも大事です。
刺激や振動でペニスが型崩れする可能性が高いからです。
術後は安静と清潔を心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です